看護部からのメッセージ その2

先日からの報道による当院のクラスター発生につきましては、重ねてご心配をおかけしております。現在も看護部だけではなく、多職種で協力し、新型コロナウィルス対策に取組んでいる状況です。

先日、家族と離れ勤務を続けている1人の看護師が、ニコニコしながら携帯電話の動画を見せてくれました。動画には、まだ言葉もたどたどしい幼い子供がカメラに向かって「おかあさん、まけないで、コロナに!」と必死にメッセージを送っている姿映っていました。それを見て涙が止まりませんでした。私たちにはいろいろな人のためにまだまだやることがあると改めて身の引き締まる思いがしました。
新型コロナウィルス感染は、さまざまな難題を私たちに与えてきます。現場の第一線で頑張っている職員にとって、ご家族様や関係者の皆様からの暖かいお言葉は大きな支えになっています。これからも、新型コロナウィルス感染の終息に向けて変わらず努力してまいります。どうか、当院職員への温かいご支援・ご協力も併せてお願い申し上げます。

看護部長 平山勝代