地域包括ケア病床


香椎原病院では、入院開始から退院まで「時々入院、ずっと在宅」を目標に、本人・家族様にとって地域の中で暮らしていける安心できる生活を応援します。地域包括ケア病床で住みなれた地域で暮らし続けるために、手の暖かさの伝わる地域包括ケア病床をはじめます。

地域包括ケア病床とは

急性期治療を終え自宅に帰る為にリハビリが必要な方、在宅や施設におられる方で軽度の肺炎・脱水・食欲不振等の何らかの理由で入院が必要な方を受入れ、在宅および施設生活に必要なサポートを目的とした病床です。

~安心して在宅復帰して頂ける環境を整えています~
地域包括ケア病床の入院から退院までの流れ

入院期間と近隣医療機関との連携

入院期間は最長60日となります。ただし、病状等により60日を超える場合は、転院等含め他へ移行することがあります。当院では、CT・MRIなどの詳しい検査が必要となった場合は近隣の病院とも連携して対応します。
かかりつけの医師と連携を図りながら退院の準備をしていきます。

対象となる方

当院では主に下記の方を対象としています。
①急性期病院入院中の方
・誤嚥性肺炎、心不全、腎不全、糖尿病の悪化等の内科疾患や骨折後など急性期治療を終了して在宅 退院までに病状の観察やリハビリなど含め準備期間が必要な方
②在宅や施設などで療養を継続されている方
・軽度の肺炎や脱水、食思不振、軽い心不全等で入院が必要な方
・創処置が在宅で難しく入院治療が必要な方
・転倒・打撲による腰痛等で動けず在宅療養が難しい方
・何らかの理由で自宅での生活が困難でかつ医療入院が必要な方

入院から退院までの取り組み(病床スタッフのチーム医療とリハビリテーション)
地域包括ケア病床のチーム医療の様子地域包括ケア病床のチーム医療の様子
病気やけがからの回復、痛みのコントロール等に対して援助し、体調管理を行います。本人・家族様、スタッフみんなが同じ目標に向かって早期退院に向けた入院生活を送れるよう、入院期間に応じて複数回カンファレンスを行います。
地域包括ケア病床のチーム医療の様子地域包括ケア病床のチーム医療の様子
入院中はベッドに寝たきりの時間を減らすように集団体操や製作活動を行っています。体力をつけるだけでなく、生活のリズムを整えるように関わっていきます。必要な方は退院に向けて自宅の環境確認のための外出訓練を行います。
在宅医療スタッフと連携を取りながらその人に合わせた在宅復帰を支援していきます

入院までの流れ

在宅の方はもとより、入院中からでも相談が可能です。各施設との連携を持ちながらご支援しています。
地域包括ケア病床の入院までの流れ

疾患別リハビリだけでなく元気になるための集団活動を病棟で

地域包括ケア病床での活動
入院中も、出来る限り離床に努めて健康な生活を送って頂けるように、毎日午前、午後の時間の活動を行なっています。午前・午後で体を動かすことで寝たきりを予防し規則正しい生活のリズムを付けていきます。

午前の活動風景

午前の活動
●上肢・下肢・体幹運動
ボールやペットボトルを用いた筋力運動などを行います
●リズム体操
リズムを用いた全身運動にて転倒予防や日常生活動作に必要な体力をつけていきます

午後の活動風景

午後の活動
●認知症予防エクササイズ
数字と運動を合わせたコグニサイズなど入院生活による認知機能低下を予防します
●ストレッチ&ヨガ
入院中のストレスや自律神経の乱れを整えることで不眠の改善や疲れにくいからだつくりをしていきます

ご相談・問い合わせ

受付時間等 平日 AM9:00~PM5:00  土曜日 AM9:00~PM12:30
※ご相談はお電話で随時、受け付けておりますが、ご来院される場合は事前にお電話等での相談予約をお願い致します。

お問い合わせ

地域ケアセンターかしいの杜(香椎原病院別館2階)医療連携室
〒813-0011 福岡市東区 香椎3丁目3番1号
TEL 0120-141-306(フリーダイヤル) または 092-662-1349
FAX 092-662-1351

▲ページトップへ